「それって本当?」限界が来た時

科学

みなさん生きていく中で限界という言葉を耳にした事があると思います。そして自分でも限界ということを感じる事があると思います。みなさんにとっての限界とはどの様な状況でしょうか。限界が来てしまったらどうすれば良いでしょうか。

今回の記事では限界についての考え方を変えれたら良いと思います。ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 限界が越えられない理由を知ることができる
  • そもそも限界というのが意味ないことがわかる
  • 何を伸ばすべきかがわかる

限界が越えられない理由

初めに限界が越えられない理由について話していきたいと思います。限界は越えられると思っている人も、どうやって越えれば良いのかと思っている人も見てください。

限界については50%遺伝子で決まっています。そもそも限界とは自分が行けるところまで行っており理論的に超えることは不可能です。

超えるということ自体理論的に不可能ということはその先には何もないということもわかると思います。

超える必要はなかった

そもそも限界を超えるという考えが必要なかったのです。なぜ超える必要がなかったのかを話していきます。

第一に限界というのは周りの環境によって変化する事が多いからです。

例えば、自分の会社での位置が決まっていたらその範囲以内の仕事しかしないはずです。実際にはそれよりも多くのことをできる人材なのかもしれませんが、環境により決まっているという状況です。

限界の種類

最初に結論から言うと「生物学的限界」と「思い込みの限界」があります。みなさんが思っている、または感じている限界はどちらに当てはまると思いますか。また、どちらの限界が多いと思いますか。

生物学的限界

生物学的限界とはその名の通り、生物学つまり遺伝子により決まっているもと考えていただければわかりやすいと思います。

例えば、わかりやすく表すと、身長などがあります。身長はある程度の歳まで伸びますが、成人あたりの歳になってから伸ばしていくのは無理があるのはわかると思います。これが生物学的限界です。

もちろん今の医療による手術などは除く場合です。

思い込みの限界

思い込みの限界とは言葉の通りですが、思い込みによる限界です。つまり自分で限界を決めているということです。

この思い込みの限界を持つ人に考えてほしいのが、できることをやらない「現状維持バイアス」の持ち主なのか、その逆でできないことをできると思い込む「隠れナルシスト」なのかを考えてみてほしいです。

現状維持バイアスの持ち主なら挑戦の仕方や計画の立て方を学べば対策できます。隠れナルシストなら客観力をつけることで対策をする事ができます。

最後に

みなさんはどちらの限界だったでしょうか。ぜひ他の記事も参考にして人生に役立ててください

タイトルとURLをコピーしました